アート・ミヤジマは長野県(長野市・須坂市を中心に)で、屋内外広告サイン・看板・LED照明の企画・設計・施工を行っています

アートミヤジマTOPへ
アート・ミヤジマ
 
LED照明事業 LED照明事業TOP 



LEDは選択する時代に  

電球と一口に言っても様々な種類のものがあります。

LED電球はそのタイプによってそれぞれ得意とするメーカーが異なります。大抵の場合、メーカーカタログにはフルラインナップで製品を揃えていますが、実際のところは得意不得意な部分があったり、他社からのOEMだったりします。

光の質:LED照明は、どこの製品を買っても概ね同じような性能が得られる蛍光灯や電球とは性質が異なります。同じスペックであったとしても、明るさ、光の広がり方、色が違います。

特に気になるのが、既存の照明が電球の場合です。蛍光灯ではなく電球を使うということは、色味を重視している場合が多いのですが、LED電球は同じ色温度の球であったとしてもメーカーによって色味にかなりの違いがあります。既存の照明とは異なる原理で発光しているので光が違って当然なのですが、求められるものはやはり自然な色のものです。従来型の電球に近い色合いにするには技術がいります。不自然な色にならない、使い心地のよい光が求められています。

弊社ではそれぞれのタイプに合ったLEDを選びを永年培った技術・知識でご提案しております。


弊社導入事例



LEDにするメリット  

I.環境に良い
地球温暖化防止対策に貢献できる(CO2削減)
・従来型電球に比べて熱が少ない
・消費電力が少ないと同時に、空調コストが押さえられる
・水銀などの有害廃棄物(蛍光管)フリー


II.安全である
・有害物質を含まず、割れて飛散しないので人・商品に無害である
・紫外線が少ないので食品や商品等の劣化を抑えられる
・紫外線が少ないので害虫が集まりにくい
・「ちらつき」がなく目に優しく、疲れない


III.経済的である
・消費電力を大幅に削減できる
・長寿命(約30,000時間以上)


クリーンな店舗(企業)=安全で安心な店舗(企業)=経済的な店舗(企業)


LED電球 口金 E26  
家庭でよく使われているスタンダードな電球です。

設計寿命は40,000時間です。一般的な電球の寿命は概ね1,000時間です。計算上では40回分の電球交換が不要になります。消費電力は約80%節約することができます。

一般電球の40,60,100W相当のLED電球をご用意できます。


見た目にもこだわり、ヒートシンク部分(冷却用のフィン)を金属むき出しではなく白色に塗装してあります。


E26 電球代替LED球



ミニハロゲン(ダイクロ)代替  
店舗、施設などの空間でよく使用されている球です。

小さな球ですので広い空間では非常に多くの数が使用されています。また、蛍光灯などに比べ効率が悪いので、LED電球に代替した場合に最も効果が表れやすい球です。このタイプの球はE26の普通の電球などに比べてサイズが小さいため蛍光灯型のものがありません。省エネにはやはりLEDが適しています。価格もこなれてきたためイニシャルコストの回収も以前よりぐっと短くなりケースによっては1年を切ることもよくあります。


ミニハロゲン代替LED電球



ビーム球  

スタジオやホールなどでよく使われる明るい球です。明るい分だけ消費電力も大きめで、光を浴びると熱もかなり感じます。空調に与える影響が大きいと思われます。

ビーム球をLEDに換えれば、概ね消費電力は1/10になりますから電気料の削減と空調代の削減に貢献します。


ビーム球代替LED球



ミニクリプトン  

家庭、商業空間ともによく使用されています。ダウンライトに多いタイプの球です。


ミニクリプトン代替LED電球



直管型 LED蛍光灯  

最新のスペック 現在主流の別電源仕様。

直管型LED蛍光灯の出始めの頃は、管に電源を内蔵させるものが良いとされていました。お客様からの工事なしで管を付け替えるだけにしたいというニーズによるものですが、グローを使うタイプの器具でなければ使用できないことや、結局は器具内に元の蛍光管のための安定器があるため、そこで電気を消費してしまって節電にならないというケース。また、管に電源を内蔵させると重量が増してしまい、元々の器具が通常の蛍光管を想定されて作られていて、なおかつ時間が経過している場合が多く劣化しているわけですから、電源内蔵の重たい管を支えることができなくなるなど問題点も見えてきました。

電源トランスの品質

コストダンで品質を落とすと1年もしないうちに寿命がきます。

明るさ

暗いチップは安いです。また安いチップの目一杯の電流を流し明るくしてしまうと寿命が短くなります。

光の広がり

カバーを乳板にせず透明にすればカタログ上の数値(明るさ)を上げることができますが実際に使用するとなるとLEDチップの粒が見えて疲れやすい光になってしまいます。

重量
安全性
消費電力

明るくすると蛍光灯に消費電力が近づくというジレンマがあります。これを解決するためには少ない電気で明るく光る効率の良い高品質なチップが必要です。


直管型LED蛍光灯



自社開発製品  
木製LEDデスクライト (無垢材からの削りだし)


LEDモジュールの設計から始まり木製パーツに至るまで完全オリジナル品です。木製パーツ、アーム部のフレキシブルは長野県内で製作されています。LEDチップは東芝製です。


拡大





HOMENEWS広告事業LED照明セラミックコーティングショッピング会社概要スタッフブログ社長ブログアクセスお問い合わせ

有限会社アート・ミヤジマ
e-mail:info@artmiyajima.jp
本社: 〒382-0017 長野県須坂市日滝1989-2 TEL:026-245-1720 地図 
上越営業所: 〒949-2317 新潟県上越市中郷区市屋 418-2 TEL:0255-78-7899
チャレンジ25 チーム・マイナス6% 29800yen.com
広告事業 LED照明事業 セラミック特殊コーティング事業 ショッピング アート・ミヤジマ会社概要 スタッフブログ 社長ブログ